かもめ島マリンピング

日本港湾協会企画賞を受賞しました!

94 views
約3分
NEWS & INFORMATION
日本港湾協会企画賞を受賞しました!

かもめ島マリンピングのこれまでの歩みが評価いただけました!

5月24日、福島県いわき市で開催された公益社団法人 日本港湾協会 第96回定時総会で
「令和5年度 企画賞」を授与いただきましたので、ご報告申し上げます。

かもめ島マリンピング 日本港湾協会企画賞受賞

評価点①「マリンピング」という観光振興の新定義

マリンピングはMarine+Glampig / Camping / Outingの造語です。
名付けの親は日本財団 海野常務。

海でのグランピングやアウトドア、いろいろな活動の中で新たな海洋体験を提供したい!
かもめ島ならではのロケーションを活かしながら、地域に新たな海洋コンテンツを生み出し続けていることを評価いただきました。

評価点②若年層の海洋環境への理解増深に寄与

これまでの2年間、「みらいジュニア研究員」などの海洋教育、「わくわくキッズキャンプ」などの自然体験活動、「江差高校連携」での海洋体験プログラム制作、遠足や研修旅行などの「子ども団体受入れ」などなど…目まぐるしく活動してきました。

子どもや若者と触れ言う時間は、私たちが英気を養う場でもあります。

幸せそうな顔をしながら海で学び・遊ぶ姿を見られるだけでも幸せですが、着実に海に遊びに来てくれる子たちが増えている実感は、何物にも代えられません。

海と日本PROJECTが目指す、海のくに「日本」の子ども・若者たちのあるべき姿、今後も追及していきたいです。

評価点③地域の魅力発信

江差ならではの「海」の楽しみ方・見せ方を、常に意識して様々な企画をしてきました。

各海洋体験メニューや宿泊には、江差の歴史文化や自然環境、ロケーションがもつストーリー性をふんだんに織り交ぜています。

江差そのものの魅力を発信するだけでなく、今後は「海洋体験といえば”江差”」を目指していきたいです。

今年もいろいろやりますよ♪

評価点④立地の克服

たば風のまち、江差。

島頂上までの約200段のキツい階段。

設備投資の難しい自然公園内。

それらは決して「不都合」ではありません。

「魅力」と感じてくれる人たちがいて、それらが私たちの武器になりました。

島の素敵な環境や景観をできるだけ傷つけず、最大限のポテンシャルを発揮させたい。

その思いは今後も変わることはありません。

すべての皆様へ感謝します

機会を与えてくれた「日本財団 海と日本PROJECT」、江差町。

そしてこれまで協力してくださった組織・団体・個人の皆さん。

温かく見守り期待を寄せて下さる町民、そして参加者の皆様。

これまでの支援・理解・協力に感謝します。

マリンピングのゴールは、まだはるか先です。

いつの日か、まだ見ぬ「鴎島」「江差町」を実現させて見せます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0139-56-1144