かもめ島マリンピング

【イベントレポート】海洋体験会は121名参加で大盛況!

70 views
約6分
NEWS & INFORMATION
【イベントレポート】海洋体験会は121名参加で大盛況!

海洋体験の提供を行っている「かもめ島マリンピング」が担うべき責任、「海を楽しむうえでの安全確保や知識の周知」「地域の海洋環境や海の民話などの普及」をより多くの方に発信し、かもめ島へ訪れていただくために実施した当イベント。

夏を前に、ひと足早い景色と賑わいをビーチにもたらすことができました。

海と日本PROJECT 海のそなえを学ぼう!かもめ島マリンピング海洋体験会

【ヴァーチャル・ダイビング】水中ドローンで疑似潜水体験!

普段は磯遊びで賑わうかもめ島ですが、より深い海の中の様子も気軽に楽しめるような海洋体験をお届けしたいと、かもめ島マリンピングが準備を進めてきた「ヴァーチャル・ダイビング」。水中ドローンの操縦を覚えながら、途中、VRゴーグルも着用して疑似潜水体験を楽しめます。

2日間で20名の方が体験し、「クラゲを間近に見られた」「貴重な体験ができた」「私の国でもこんな体験はなかなかできません」と大好評でした。藻場に集まる小魚の群れや、海底に暮らすカシパン・ムラサキウニ・ヒトデなどを、触れられそうな臨場感で観察いただきました。

【マリン・ホイール】テンション全開、海遊び!

海の賑わい創出に不可欠な「ワクワク感」のあるアクティビティを提供するため、大人から子どもまで楽しめそうな水上バルーン体験を準備しました。安全な入り江で楽しむマリン・ホイールは2日間で56名の方に体験いただき、夏目前のビーチは歓声に包まれていました。

夏休み、島の海水浴場開設期間の常設を目指しており、海水浴場終了後には会場を芝生フィールドに移し提供する予定です。

大盛り上がり、海保の皆さんとの交流&職場見学!

ご多忙を承知で地元の海上保安署へ企画提案に伺ったところ、「お子さんたちのためなら!」と快諾いただき実現した、江差海上保安署「海のお仕事」見学勉強会。20名参加の90分に「巡視船かむい乗船見学」「ハイパー・ライト・クレードル救助法実演」「搭載救助艇乗船体験」「救助ロープ結び教室」など、海の安全教育をギュッと詰め込んだ内容で披露いただきました!

落水から救助まで、即興劇を盛り込んだ「ハイパー・ライト・クレードル救助法実演」は特に大盛り上がり。笑いや楽しさを織り交ぜながら、しっかりと子どもたちの記憶に残す、さすがの手腕でした。

初めて見るカッコいい搭載救助艇への乗船体験で、湾内を一周し締めくくった海保イベント後、子どもたちがキラキラと目を輝かせながら署員のお兄さんたちと交流する姿が印象的でした。

いよいよ始まる江差のSUP聖地化計画、「みんなのSUP体験会」!

以前より愛好者の多い江差町のSUP事情。プロからも「安全かつ安定的な提供が可能な、北海道では希少なロケーション」であるとお墨付きをいただいていました。そこでかもめ島マリンピングでは2022年春から町民をSUPインストラクターとして4名育成。25日に満を持しての一般向け提供デビューを飾りました!

体験会プログラムには町内外から20名の体験希望者が集合。基本動作や安全レクチャーをしっかり体得いただき、いざ洋上へ!

島に守られ常に穏やかなビーチの水面を、ボードを滑らせ進んで行く一行。かもめ島で味わう非日常な景色に、遠くからでも届くほどの歓声が響きます。海の魅力や海流を体感したうえで安全第一をモットーにするSUP愛好者を、これからも増やしていきたいと考えています。

江差に再びカヤックの灯を、「KAYAKを知ろう!洋上GAME」!

数年前までは町教育委員会の海洋イベントで提供していたカヤック。今では教えられる人が町内におらず、体験提供を再開させたくてもできないという小さな町ならではの課題に直面しています。同時に今は安価で空気注入式ボートが購入できる時代、性能・知識不足による事故の発生も懸念されています。

遠く離れたニセコ町などから3名のプロ講師が集結して開催した体験会では、カヤックの特性や独自の危険性などの周知もしっかり実施。そのうえで楽しく、実践の中で技術が身につくように「洋上カヤック鬼ごっこ」「競漕」なども織り交ぜました。

「沖は怖かったけど、洋上からの景色は忘れられない」

海岸から遙か遠くに見えるかもめ島の馬岩・クズレ鼻先端までのクルーズを通して海の偉大さを感じ、畏敬の念と安全遵守の意識を持っていただけたようで何よりです。

ビーチでは「海ノ民話」を見ながらのオープンカフェも

かもめ島に残る、ニシン漁での発展を語り継ぐ民話「折居婆さんと鰊(ニシン)」は、日本財団 海ノ民話のまちプロジェクトで映像化されています。大型スクリーンでの上映と海の絶景を楽しんでいただきながら、町産品使用「黒豆茶ラテ」「キウイソーダ」などを味わえるビーチ・カフェ。

出店いただいた地元出身の「たびする珈琲」さんも、これまでに経験のない盛況ぶりと海洋イベントならではの雰囲気を感じながら、汗を流し頑張っておられました。

地域の海の魅力を民話と絶景を通じてお伝えするこの取り組み、出来れば定期的に開催できるよう、調整を進めてまいります。

海ノ民話のまちプロジェクト「折居婆さんと鰊」 https://uminominwa.jp/animation/4576/

参加した子ども・保護者からの声 

<ヴァーチャル・ダイビング>

 ・少し高くても体験したい人は多いと思う

 ・電池が切れるまで海の中をたくさん見せてもらった

<マリン・ホイール> 

 ・できれば毎週、常設してほしい

 ・ここだけ外国みたい

 ・自分の体力を過信していました

<江差海上保安署「海のお仕事」見学勉強会>

 ・すべての小中学生に必須の授業として体験してもらいたい

 ・要救助者を見つけたら「大声で助けを呼ぶ」「118番」、もう覚えました

 ・AEDの設置場所を知ることができました

 ・海保のお兄さんがかっこよかった

 ・救助艇は早くて迫力があった

<みんなのSUP体験会>

 ・今度はじっくり個人クルーズを提供してほしい

 ・割安な体験会をまた開催してほしい

 ・スクールがあれば受講したい

 ・海の美しさが目に焼き付いて、良い思い出になった

<KAYAKを知ろう!洋上GAME>

 ・海の怖さも感じることができた 

 ・地元ビーチで事故を予防するための、この取り組みは素晴らしい

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0139-56-1144